解決事例

【遺産分割のトラブル】 十数年前の相続について、不動産の一部が相続登記漏れになっていた事例

十数年前に生じた祖母の相続に関して、道路部分だけ相続手続が漏れていたことがわかりました。
相続人は、枝分かれしてしまい多数です。中には音信不通の相続人もいます。
ご本人ではどうしようもできず、弁護士にご依頼をいただき、示談交渉を開始しました。

【遺留分の問題】 遺留分額の算定にあたり孫への援助金を算定の基礎とするかが争われた事例

本件では、被相続人から依頼者の姉に「全て相続させる」遺言が残されていましたので、妹(依頼者)から、遺留分減殺請求をし、調停を申立てました。
相手方(姉)からは、故人は依頼者の子(故人からみて孫)に、多額の贈与をしていたから、この分は依頼者の特別受益に当たり遺留分から控除すべきと主張されました。

【遺産分割のトラブル】 不動産価額に争いがあったため不動産鑑定を実施し代償分割で解決した事例

本件の相続では、遺産の大部分が賃貸用の不動産でした。この不動産価額をめぐって、相続人間の意見が対立しており、調停申立後もなかなか話合いが進みませんでした。

【遺留分の問題】 兄の使途不明金を認めさせて遺留分額の増額に成功した事例

依頼者の兄と同居していた母が亡くなり、遺言書が残されていました。兄に誘導されたのか、遺産の多くは、兄が取得することとなっていました。また、預金調査をすると、兄による多額の預金使い込みも発覚したため、これも遺産に組み込んで遺留分減殺請求をした事案です。

【遺産分割のトラブル】 先妻の子と相続争いを換価分割で解決した事例

この事例の相続人は、先妻との間の子と妻(依頼者)です。
そもそも会ったこともなく、また、感情的な問題から本人同士で遺産分割協議を円滑に進めるのは困難な状況でした。

【祭祀承継(お墓)のトラブル】 墳墓地について家裁の審判によって名義変更した事例

本件は、市街地の中にお墓が存在する土地(土地の登記地目「墳墓地」)について、名義が先々代の名義のままとなっていたものを、家庭裁判所の審判を取得して、現在のお墓の承継者に名義変更をした事例です。

【事業承継】 全部取得条項付株式を用いてのスクイーズアウトに成功した事例

将来のM&Aを見越して、少数株主の保有株式を強制的に取得(スクイーズアウト)したい、というご依頼をいただきました。
様々な要素を考慮して、全部取得条項付種類株式を用いるスキームで「無償」でのスクイーズアウトに成功しています。

【遺言書の作成】 ご夫婦がそれぞれ配偶者に遺産の相続させる遺言をし、さらに予備的遺言をした事例

お子さんのいない老夫婦が依頼者です。子がなく、それぞれの両親も亡くなっているので、自分が亡くなると、配偶者と自分の兄弟が相続人になってしまうケースです。このご夫婦は、兄弟とは仲があまり良くないので、自分が亡くなった場合に、配偶者と兄弟が相続トラブルになることを懸念されていました。

【遺言書の作成】 余命宣告されている方からの依頼で、急ぎ公正証書遺言を作成した事例

余命宣告をされて入院している方からの遺言書作成のご依頼です。ご本人はお元気な様子に見えましたが余命が短いということでしたので、とくかく急いで公正証書遺言を作成しました。

【遺産分割のトラブル】 先々代の名義になってしまっている不動産を名義変更して売却までつなげた事例

売却したい不動産(土地)の名義が先々代の名義のままとなってしまっている方からのご相談でした。
不動産の名義人は、昭和40年代に亡くなっており、その相続人もほとんどの方も既に亡くなっていて、相続人の人数も多数になってしまっていました。中には全く連絡が取れない方もいて、困りはて弁護士にご相談にいらっしゃいました。

【遺留分の問題】 兄弟間の感情的対立が激しかったが調停で遺留分を取得した事例

被相続人は、依頼者の母です。依頼者の弟(長男)である相手方は、母の遺言書も開示しませんでしたので、依頼者には、まず公証役場での遺言検索を指南しました。こうして発見された遺言書は、やはり全財産を長男に相続させる内容でしたので、遺留分減殺請求をしました。

【遺産分割のトラブル】 数次相続によって相続人となった兄嫁と子を相手にした遺産分割の事例

15年前に父親が亡くなった方からのご相談です。もともと相続人としては、ご依頼者と、その兄がいましたが、3年前にこの兄も他界しており、数次相続によって、その兄の妻と子が相続人となっている事例です。また、この兄が生前に父の預金を使い込んでいた疑いがあることが事案を複雑にしていました。

【祭祀承継(お墓)のトラブル】 墓の帰属についての争いを調停で解決

お墓の永代使用権者をどちらの相続人が承継するかで紛争に発展していまいした。これは「祭祀承継」の問題です。相続関係が複雑で、依頼者と相手方のどちらがお墓を継ぐことになるか判断に迷う事例です。この件では、相手方から祭祀承継の調停を申立てられました。

【遺産分割のトラブル】 遺産たる土地について測量・分筆をして遺産分割をまとめた事例

本件の相続も不動産が遺産の中心です。相手方である相続人が住まっている土地と賃貸アパートが建っている土地が地続きになっています。依頼者は、賃貸アパート部分が欲しいのですが、この不動産問題は、複雑で測量・分筆しないと相手方相続人が住まっている土地の接道がなくなってしまうという問題がありました。

【遺言無効】 公正証書遺言が無効であると訴訟提起を受け、これを退けた事例

父が公正証書遺言を残していましたが、父亡きあと、子の一人が「認知症だった親父に遺言は作れなかった」と主張して、遺言無効確認請求訴訟を提起されました。

【遺産分割のトラブル】 預貯金の無断引出し(使途不明金)を調査し、認めさせて解決した事例

父が亡くなり、その直後に母に弁護士がつき、「100万円支払うから遺産分割に応じよ」と通知がきました。ご依頼者は、突然の通知でどうしてよいかわからないが納得ができる遺産分割にしたい/遺産の全体像がまるでわからない、とのことでしたので、相手方へ遺産の開示を請求するとともに、当方は独自に遺産の調査を開始しました。

【事業承継/遺言書の作成】 自社株式を種類株式へ変更した後、遺言した事例

本件も会社経営者の方からのご相談です。この方が創業した会社を孫に継がせたいとのご希望ですが、自身がしっかりしている間は、会社経営権はご自身で確保したいとのご要望でした。

【遺言書の作成】 代襲相続人である孫に遺産を残さない遺言書を作成した事例

ご依頼者(遺言者)の推定相続人は、二男と亡長男の子(孫)ですが、代襲相続人となる孫には、ほとんど会ったことがないため、色々と面倒を見てくれている二男に遺産を相続させたいというご希望でした。

【遺言書の作成】 疎遠な妹に相続させることなく、親密な亡妻の親族へ遺贈する遺言書を作成した事例

自身の相続人としては、妹がいるものの、疎遠であるため、亡妻の親族へ自身の財産を残したいという方からのご依頼で、公正証書遺言を作成した事例です。

【遺留分の問題】 相手方の生前贈与を認めさせて遺留分の価額賠償額を減額した事例

当方の依頼者に全財産を相続させるという遺言書がありました。
相手方(被相続人の孫・代襲相続人)から遺留分減殺請求を受けたという事例です。

PAGE TOP