• トップ
  • 解決事例
  • 【遺産分割のトラブル】 20年以上もの間、遺産分割協議がなされていなかった相続を解決した事例

20年以上もの間、遺産分割協議がなされていなかった相続を解決した事例

事 例

本件は、最初は借金のご相談でした。
お話を聞いているうちに20数年前にもらうはずだった遺産をもらっていないとのことです。
不動産登記簿を調べたところ、遺産分割が未了でしたので、遺産分割調停を申立てました。

調停での解決

遺産として不動産は、相手方が使用していましたから、相手方からは「何をいまさら!」という反論がありましたが、当然、遺産をもらう権利(法定相続分)がありますので、これを主張しました。
最終的には、相当程度の代償金を得る形で遺産分割調停が成立しました。

弁護士コメント

本件は、依頼者がもらう側の立場でしたから成功事例としてご紹介しますが、このように遺産分割協議に基づく相続登記をしていないと後日紛争に発展することもあります。

問題がある場合には、早めに弁護士にご相談ください。

 

◇ 横浜で相続問題・遺言問題に強い弁護士をお探しなら、当事務所へご相談ください!

  ご予約はTEL0455948807)又はメール予約をご利用ください。

PAGE TOP