解決事例

【遺産分割のトラブル】 10数年前の相続について、不動産の一部が相続登記漏れになっていた事例

10数年前に生じた祖母の相続に関して、道路部分だけ相続手続が漏れていたことがわかりました。
相続人は、枝分かれしてしまい多数です。中には音信不通の相続人もいます。
ご本人ではどうしようもできず、弁護士にご依頼をいただき、示談交渉を開始しました。

【遺留分の問題】 遺留分額の算定にあたり孫への援助金を算定の基礎とするかが争われた事例

本件では、被相続人から依頼者の姉に「全て相続させる」遺言が残されていましたので、妹から、遺留分減殺請求をし、調停を提出しました。
相手方(姉)からは、故人は依頼者の子(故人からみて孫)に、多額の贈与をしていたのだから、この分は依頼者の特別受益に当たり遺留分から控除すべきと主張されました。

【遺産分割のトラブル】 不動産価額に争いがあったため不動産鑑定を実施し代償分割で解決した事例

本件の相続では、遺産の大部分が賃貸用の不動産でした。この不動産価額をめぐって、相続人間の意見が対立しており、調停申立後もなかなか話合いが進みませんでした。

【遺産分割のトラブル】 先妻の子と相続争いを換価分割で解決した事例

この事例の相続人は、先妻との間の子と妻(依頼者)です。
そもそも会ったこともなく、また、感情的な問題から本人同士で遺産分割協議を円滑に進めるのは困難な状況でした。

【遺言書の作成】 ご夫婦がそれぞれ配偶者に遺産の相続させる遺言をし、さらに予備的遺言をした事例

お子さんのいない老夫婦が依頼者です。子がなく、それぞれの両親も亡くなっているので、自分が亡くなると、配偶者と自分の兄弟が相続人になってしまうケースです。このご夫婦は、兄弟とは仲があまり良くないので、自分が亡くなった場合に、配偶者と兄弟が相続トラブルになることを懸念されていました。

【遺産分割のトラブル】 先々代の名義になってしまっている不動産を名義変更して売却までつなげた事例

売却したい不動産(土地)の名義が先々代の名義のままとなってしまっている方からのご相談でした。
不動産の名義人は、昭和40年代に亡くなっており、その相続人もほとんどの方も既に亡くなっていて、相続人の人数も多数になってしまっていました。中には全く連絡が取れない方もいて、困りはて弁護士にご相談にいらっしゃいました。

【遺留分の問題】 兄弟間の感情的対立が激しかったが調停で遺留分を取得した事例

被相続人は、依頼者の母です。依頼者の弟(長男)である相手方は、母の遺言書も開示しませんでしたので、依頼者には、まず公証役場での遺言検索を指南しました。こうして発見された遺言書は、やはり全財産を長男に相続させる内容でしたので、遺留分減殺請求をしました。

【祭祀承継(お墓)のトラブル】 墓の帰属についての争いを調停で解決

お墓の永代使用権者をどちらの相続人が承継するかで紛争に発展していまいした。これは「祭祀承継」の問題です。相続関係が複雑で、依頼者と相手方のどちらがお墓を継ぐことになるか判断に迷う事例です。この件では、相手方から祭祀承継の調停を申立てられました。

【遺産分割のトラブル】 遺産たる土地について測量・分筆をして遺産分割をまとめた事例

本件の相続も不動産が遺産の中心です。相手方である相続人が住まっている土地と賃貸アパートが建っている土地が地続きになっています。依頼者は、賃貸アパート部分が欲しいのですが、この不動産問題は、複雑で測量・分筆しないと相手方相続人が住まっている土地の接道がなくなってしまうという問題がありました。

【遺言無効】 公正証書遺言が無効であると訴訟提起を受け、これを退けた事例

父が公正証書遺言を残していましたが、父亡きあと、子の一人が「認知症だった親父に遺言は作れなかった」と主張して、遺言無効確認請求訴訟を提起されました。

【遺産分割のトラブル】 預貯金の無断引出し(使途不明金)を調査し、認めさせて解決した事例

父が亡くなり、その直後に母に弁護士がつき、「100万円支払うから遺産分割に応じよ」と通知がきました。ご依頼者は、突然の通知でどうしてよいかわからないが納得ができる遺産分割にしたい/遺産の全体像がまるでわからない、とのことでしたので、相手方へ遺産の開示を請求するとともに、当方は独自に遺産の調査を開始しました。

【遺留分の問題】 相手方の生前贈与を認めさせて遺留分の価額賠償額を減額した事例

当方の依頼者に全財産を相続させるという遺言書がありました。
相手方(被相続人の孫・代襲相続人)から遺留分減殺請求を受けたという事例です。

【遺産分割のトラブル】 20年以上もの間、遺産分割協議がなされていなかった相続を解決した事例

本件は、最初は借金のご相談でした。
お話を聞いているうちに20数年前にもらうはずだった遺産をもらっていないとのことです。
不動産登記簿を調べたところ、遺産分割が未了でしたので、遺産分割調停を申立てました。

【相続登記】 解釈に疑義のある遺言書による相続登記を、法務局と協議しつつ解決した事例

亡くなったご主人が遺言書を残していましたが、この遺言書を用いて、相続登記が出来るか否か遺言の内容解釈に疑義が生じていました。相談者は、他の司法書士事務所へ相談に行きましたが、そこでは「この遺言書では登記できない」と断れたとのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

【遺産分割のトラブル】 父と母が立て続けて亡くなった場合の遺産相続トラブルを解決した事例

本件は、先に依頼者の父が亡くなり、その数か月後に、母が亡くなったという事例です。子は、依頼者を含めて3名です。その内の1名は、依頼者の方に友好的な立場ですが、遺産の紛争に関わりあうことを望んでいないという状況です。
相手方との交渉がうまくいかず、当事務所へ相談に来られました。

【遺留分の問題】 生前贈与が遺留分を侵害している場合に遺留分請求して解決した事例

遺言書はなかったものの、遺産の大半である不動産が生前贈与されていました。
弁護士において、遺留分の計算をしたところ、この不動産の生前贈与が相続人の遺留分を害していることが判明しましたので、遺留分の請求をしました。

【遺言書の作成】 経営する自社の株式を後継者候補者へ取得させる遺言書を作成した事例

会社経営者の方からの「事業承継」のご相談です。会社の自社株式のほとんどはご依頼者の方がお持ちとのこと。この方には、お子様が2人いて、その内の1人に会社を継がせることが決まっているということでしたので、事業承継対策の一環として、自社株式をそのお子様へ承継させる公正証書遺言を作成しました。

PAGE TOP