ご相談から解決までの流れ

本ページでは、「法律相談」から「ご依頼」・「事案の解決」までの流れをご説明いたします。

1.まずは「法律相談」

どのような事案においても、まずは弁護士への法律相談からスタートします。
事案の内容をお聞かせいただき、解決までの道筋をご説明いたします。
  
もちろん、ご相談のみで終了していただいても構いません。
弁護士の説明に納得ができ「依頼をしたい」と考えていただいた場合にのみご依頼ください。

2.弁護士費用のご説明

法律相談からご依頼までには、必ず弁護士から費用のご説明をいたします(弁護士費用のページ参照)
費用の面も十分にご理解をいただいた上でご依頼ください。

3.ご依頼をいただく(委任契約書の作成)

弁護士に依頼をする場合には、委任契約書に調印をいただき、これで初めて弁護士へ依頼したことになります。
当事務所では、ご依頼をいただく時には必ず、費用や依頼内容をご説明のうえ、委任契約書を交わします。

4.弁護士の弁護活動スタート

ご依頼後、着手金をいただき、弁護士は弁護活動をスタートします。
当事務所では、常に迅速な行動を心掛けています。

5.ご依頼者と打合せを重ねて事案を解決

弁護士へのご依頼は、「依頼したら終わり」ではなく、解決までの間に必要に応じて弁護士と打合せを重ねます。
弁護士は、ご依頼者の納得を得ながら事案を進めていきます。
事案解決の方法としては、「示談交渉」・「裁判所の調停」・「訴訟」などがありますが、いずれもご依頼者の理解を得たうえで、手続きを進めます。

最終的に、示談の成立、裁判所の調停成立などで事案の解決となります。
なお、遺言書の作成、登記手続きなどの手続的業務は、その手続の完了をもって終了します。

よくあるご質問

Q. 法律相談をしたいのですが、まずどのようにすればよいですか。
A. まずは、当事務所へお電話(TEL045-594-8807)又はメールにて、法律相談の予約をお取りください。

(メールお問い合わせフォームはこちら)
Q. 法律相談に費用はかかりますか。
A. 平日の初回30分は無料となっています。その後は、30分5000円をいただきます。
Q. 法律相談の際に用意(持参)した方がよいものはありますか。
A. ご相談事に関する資料があればお持ちください(例えば遺産に関する資料)。
また、ご質問内容をまとめて来ていただきますと、スムーズに法律相談をすることができます。
もちろん、何も資料がなくても大丈夫ですから、ご安心ください。
Q. 何回か相談をした後に、依頼するか決めてもよいのでしょうか。
A. もちろん大丈夫です。
多くの方は、2回か3回ほど、ご相談されてから依頼をいただいています。
Q. 自宅や施設への出張相談はできませんか。
A. 出張相談も可能です。
ただし、出張費用(2万円~5万円程度)がかかってしまいますし、移動時間も考えて弁護士のスケジュールを取りますので、相談日程はかなり先になってしまうことが多いと思います。
Q. 電話やメールでの法律相談はできませんか。
A. 恐縮ですが、お電話やメールでの法律相談は承っていません。原則として、面談での法律相談となります。
Q. 土日祝日や遅い時間の法律相談はできますか。
A. 可能な限り土日・祝日や遅い時間の法律相談も承っています(なお、土日・祝日については、業務多忙のためご予約いただけない状況が多くなっていますことをご了承ください。)。
土日・祝日は無料相談を実施していないため、30分5000円の相談費用がかかります。
なお、遅い時間とは、おおむね20時までに相談が終了する時間を考えています。
Q. 弁護士費用は高額というイメージがありますが、どのくらいかかるものでしょうか。依頼をする前に費用の確認はできますか。
A. 弁護士の費用は、ご依頼者の方の法定相続分額や資産額などを基準に計算します。
詳しくは「費用」のページをご覧ください。
また、ご依頼をいただく前には、必ず弁護士費用のご説明をいたします。
費用面でもご納得いただいてから、ご依頼ください。

なお、遺産分割事案の着手金・報酬金の早見表をアップしましたので、ご覧ください。
Q. 弁護士費用(特に着手金)は、いつ、どのように支払うのですか。依頼するときにお金を持参しないといけないのでしょうか。
A. 弁護士費用は、原則、お振込みの方法でお支払いをいただいています。
したがって、当事務所に現金をお持ちいただく必要はありません。
Q. 依頼をしてから解決までどのくらい時間がかかるものでしょうか。
A. 事案によりますので一概には言えませんが、イメージをもっていただくために、遺産分割の事案のおよその目安を述べます。

遺産分割が交渉で解決する場合 ……  3か月~半年
遺産分割が調停で解決する場合 ……  半年~1年半
遺産分割調停が不調に終わり審判手続きに移行する場合 ……  1年半~数年

当事務所では迅速な解決を目指していますが、上記のとおりに解決までにはある程度の時間を要します。
それでも、結果として弁護士に依頼した方が早期解決となるケースが多くありますので、まずはご相談ください。
Q. 遺産分割における家庭裁判所の「調停」とはどのようなものですか。調停には、毎回、出席しないといけないのでしょうか。
A. 家庭裁判所で行われる遺産分割調停とは、簡単にいえば、裁判所に間に入ってもらいながら行う「話合いの手続き」です。
調停手続きが始まると、大体1か月半に1回、家裁で調停が開かれます。
そこには、代理人弁護士が出席すれば足りますので、ご依頼後は、毎回ご出席いただかなくても大丈夫です(ただし、重要な局面になった場合にはご出席をお願いすることがあります)。
Q. 相続税がかかります。良い税理士さんをご紹介いただけますか。
A. ご紹介できます。
当事務所では、複数の税理士と提携していますので、ご紹介が可能です。
また、必要に応じて、他の専門職の方々もご紹介ができます(「提携税理士・その他提携専門家」のページをご覧ください)。

PAGE TOP