• トップ
  • 解決事例
  • 【遺言無効】 公正証書遺言が無効であると訴訟提起を受け、これを退けた事例

公正証書遺言が無効であると訴訟提起を受け、これを退けた事例

事 例

父が公正証書遺言を残していましたが、父亡きあと、子の一人が「認知症だった親父に遺言は作れなかった」と主張して、遺言無効確認請求訴訟を提起されました。

訴訟での解決

遺言は有効であるという立場の依頼者から依頼を受けて、反論をしました。

遺言書作成当時に、父と話をした知人らから陳述書を作成してもらったり、父が元気だったことを立証しました。

また、公正証書遺言を作成した公証人に書面による尋問を行い、回答を得て、遺言が有効である勝訴判決を得ました。

弁護士コメント

遺言書の有効性をめぐるトラブルは増えています。
これは、そもそも遺言書を残す人が増えていることや相続人の権利意識の高まりが原因だと思います。
遺言の有効性に関する訴訟は、ともかく立証が重要です。

この専門的なスキルをもった弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

◇ 横浜で相続問題・遺言問題に強い弁護士をお探しなら、当事務所へご相談ください!

  ご予約はTEL0455948807)又はメール予約をご利用ください。

PAGE TOP