• トップ
  • 解決事例
  • 【祭祀承継(お墓)のトラブル】 墓の帰属についての争いを調停で解決

墓の帰属についての争いを調停で解決

事 例

ある被相続人のお墓の永代使用権者をどちらの相続人が承継するかで紛争に発展していまいした。法律用語としては、「祭祀承継」の問題です。元々、相続関係が複雑な事例で、依頼者と相手方のどちらがお墓を継ぐことになるか判断に迷う事例です。この件では、相手方から祭祀承継の調停を申立てられました。

調停での解決

血縁の濃さからして、当方の依頼者が墓を承継すべきであると調停内で強く主張し、最終的には、解決金を支払ったものの、お墓を承継する調停が成立しました。

弁護士コメント

本件は、お墓の承継をめぐる紛争で、比較的珍しい調停です。

祭祀(お墓など)の承継者は、通常の相続とは異なった規定(民法)となっており、この民法上の規定や判例理論に則った主張が必要です。
祭祀承継で問題になったときには、感情的な対立も激しいものですから、弁護士に依頼をして適正な解決を図るべきです。



◇ 横浜で相続問題・遺言問題に強い弁護士をお探しなら、当事務所へご相談ください!

  ご予約はTEL0455948807)又はメール予約をご利用ください。

PAGE TOP